新しくこっちでブログやろうかな。http://ameblo.jp/karakangengaku/ 色々フンみたいに自分のものは残して消さないで生きていきたい


by karakangengaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アメリカンコメディの巨人 『マキシ・シングル』

               『マキシ・シングル』


a0144011_1558782.jpg



――「私の考える最大の“笑い”とは、子供たちの笑顔だ。」


1937年12月11日生まれ。アメリカ合衆国ユタ州生まれコメディ俳優・脚本家。
銀行員の父と女性差別撲滅の運動家で知られるネイビー・シングルの間に生まれる。幼少のころは母親の激しい教育的指導によって内向的に育つ。

彼に転機が訪れたのは17歳の頃である。たまたま学校のクリスマス会で劇をやることになり、彼はそこで初めて芝居を作る喜びを知った。(後に彼はこのときの作品の脚本を加筆・修正し『小劇場の夜』という短編集の中に収めている。)

19歳のときに家を飛び出し、単身ブロードウェイへ行く。そして、当時トップスターとして名を馳せていたチャッキー・カルペン・Jrの主催した劇団に所属した。
彼は初めこそ芽が出なかったものの、徐々に主役級の役を任されるようになる。

1971年に彼は『ハンティング・ボーイ』という作品で数々の賞を受賞して、脚光を浴びた。そして、それがある映画プロデューサーの目に留まり、ハリウッド進出を遂げる。

彼はそこで初めて映画に出演するもの、その作品はヒットしなかった。そのことを彼は気にして、映画は自分には合わないのではないか、と悩むこととなる。(そのときのことを彼の最大の友人であるティム・モラニスは「マキシの一生において、最大の分岐点があそこだったのではなかろうか。彼は目に見えてストレスから痩せていった。」と語る。)
その時期、彼は舞台作品にも殆ど出演してはいない。

しかし、彼がコメディ俳優として全米から注目されるのはそう遠くは無かった。

1973年に主役を演じた『モーリス院長の救命病棟』は当時のアメリカの学生たちに爆発的に流行した。その後『帰ってきたモーリス院長』、『またまたモーリス院長~産婦人科偏~』というふうに続編が撮られるまでになった。

そこからの人生というものが彼にとって黄金時代、と呼べるものだろう。

ハリウッドとしては遅咲きながらも数々のコメディ作品に出演することとなる。特に有名なものは『ミスタースーパー☆スター』で演じたオーシリー・ペンペンだろう。この作品は日本でも大ヒットし、日本のCMにも度々出演することとなる。
当時小学生の間では彼がCMで口にした「コンクリ・カタマール」や「パンクしてまっせ」という言葉が大流行した。
また、1980年に日本へ来日した際に当時18歳の叶恭子とテレビ番組で共演している。

私生活でも彼はその時期に一般女性と結婚し、3人の子供をもうける。

近年では、その確かな演技力からシリアスな役も演じているが、舞台では定期的に作品を書き下ろしコメディ作品も演じている。

[PR]
by karakangengaku | 2011-03-18 15:32 | who is wikipedia