新しくこっちでブログやろうかな。http://ameblo.jp/karakangengaku/ 色々フンみたいに自分のものは残して消さないで生きていきたい


by karakangengaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:who is wikipedia( 4 )

              『タケイマチコ』


a0144011_1755244.jpg



――「どこを隠すかではなく、どこを魅せるか。そして、そこからが私たちの仕事。」


1930年5月9日生まれ。自然が豊かな長野の農村で生まれ育つが、両親が離婚。さらに母親に引き取られた後再婚し、小学生のころに東京へ引っ越す。画商だった義父の影響によって幼少時より絵画などに慣れ親しんだ生活を送った。特に好んだものが、その当時、画壇を引っ張っていた糸魚川綺羅のものだった。彼の突き抜けた単色と透き通った女性の肌を合わせるという作風は、後に彼女のファッションセンスにも影響をすることとなる。

しかし日本が戦争へと突入していくのとともに彼女の中で、芸術の必要性、というものが問われていくことになる。このことは当時、疎開先から家族に送った手紙の文面からも伺うことができる。高尚な芸術から、身近な芸術へ。その理想を叶えるために彼女が選んだものこそがファッションであった。

戦争の終結後、彼女はデザイン学科へと進み本格的なファッションの勉強を始めることになった。卓越した色彩センスや装飾技術は当時から群を抜いていて、在学中に制作した「青いワンピース」はデザインではなく芸術作品としてコンクールで新人賞を受賞することとなる。このとき審査員をつとめていたフサ枝・ヘミングから直接、自身のブランドのデザイナーとして引き抜かれることなった。

27歳の時にその腕が認められ、個人ブランドを設立することとなる。拠点を日本からフランスに移したのもこの頃である。はじめの頃は認められず、苦心する日々が続いたが、単色を強く押し出したデザインを発表するようになり、若者から市民権を得た。

その後徐々に世界的な人気を得るようになった。

[PR]
by karakangengaku | 2011-05-22 18:06 | who is wikipedia

第2回 Who is Wikipedia

大・大・大・反響を呼んだ『Who is Wikipedia』の第2回です!!
わーーわーー

ということで、まずはルール説明を。

【ルール】テーマに沿っていそうな名前を答える。(大喜利企画じゃないよー)

・・・だけです!
いやー、至って簡単です。
例を挙げると【ハリウッドの3枚目俳優の名前は?】というお題に対して『マキシ・シングル』と答えるような感じです。

では、さっそく今回のテーマを。

【日本人の女性トップデザイナー】

そして、ついに待望の投票です。
つぅーことで結果発表だ。
まずはどれが誰のだったのかの発表です!


『パリコレ苺』 殴打さん

『チョコボール千秋』 サモタンさん

『フサ枝・ヘミング』 サンセット佐野さん

『森林木木木木木子』 はなさん

『タケイマチコ』 カシスさん

『糸魚川 綺羅』 レオンさん

『ママママ・マフィン』 ちゃんこフォンデュさん

『楠 美和』 空管弦楽

『桃ガブリ・ジュル子』 サンセット佐野さん


でくでくでくでくでーーーん!!!

【日本人の女性トップデザイナー】というテーマでモットモいそうな名前を書いたのは~~~



(ドラムロール)




(バックダンサーがサザンのコンサートみたく腰振ってる)




デデン!!


『タケイマチコ』
カシスさん


おめでとーーございます!
「参加したかった」宣言を受けてすぐさま一位です!スゴい!幕の内も勝つわけだ!

次回も参加して欲しいぞこのやろー!


裏話。。。
途中までの集計でボケ回等のママママ・マフィンとパリコレ苺が一位を奪い合っていて、正直焦りました。

[PR]
by karakangengaku | 2011-04-04 19:11 | who is wikipedia
               『マキシ・シングル』


a0144011_1558782.jpg



――「私の考える最大の“笑い”とは、子供たちの笑顔だ。」


1937年12月11日生まれ。アメリカ合衆国ユタ州生まれコメディ俳優・脚本家。
銀行員の父と女性差別撲滅の運動家で知られるネイビー・シングルの間に生まれる。幼少のころは母親の激しい教育的指導によって内向的に育つ。

彼に転機が訪れたのは17歳の頃である。たまたま学校のクリスマス会で劇をやることになり、彼はそこで初めて芝居を作る喜びを知った。(後に彼はこのときの作品の脚本を加筆・修正し『小劇場の夜』という短編集の中に収めている。)

19歳のときに家を飛び出し、単身ブロードウェイへ行く。そして、当時トップスターとして名を馳せていたチャッキー・カルペン・Jrの主催した劇団に所属した。
彼は初めこそ芽が出なかったものの、徐々に主役級の役を任されるようになる。

1971年に彼は『ハンティング・ボーイ』という作品で数々の賞を受賞して、脚光を浴びた。そして、それがある映画プロデューサーの目に留まり、ハリウッド進出を遂げる。

彼はそこで初めて映画に出演するもの、その作品はヒットしなかった。そのことを彼は気にして、映画は自分には合わないのではないか、と悩むこととなる。(そのときのことを彼の最大の友人であるティム・モラニスは「マキシの一生において、最大の分岐点があそこだったのではなかろうか。彼は目に見えてストレスから痩せていった。」と語る。)
その時期、彼は舞台作品にも殆ど出演してはいない。

しかし、彼がコメディ俳優として全米から注目されるのはそう遠くは無かった。

1973年に主役を演じた『モーリス院長の救命病棟』は当時のアメリカの学生たちに爆発的に流行した。その後『帰ってきたモーリス院長』、『またまたモーリス院長~産婦人科偏~』というふうに続編が撮られるまでになった。

そこからの人生というものが彼にとって黄金時代、と呼べるものだろう。

ハリウッドとしては遅咲きながらも数々のコメディ作品に出演することとなる。特に有名なものは『ミスタースーパー☆スター』で演じたオーシリー・ペンペンだろう。この作品は日本でも大ヒットし、日本のCMにも度々出演することとなる。
当時小学生の間では彼がCMで口にした「コンクリ・カタマール」や「パンクしてまっせ」という言葉が大流行した。
また、1980年に日本へ来日した際に当時18歳の叶恭子とテレビ番組で共演している。

私生活でも彼はその時期に一般女性と結婚し、3人の子供をもうける。

近年では、その確かな演技力からシリアスな役も演じているが、舞台では定期的に作品を書き下ろしコメディ作品も演じている。

[PR]
by karakangengaku | 2011-03-18 15:32 | who is wikipedia

第1回 Who is Wikipedia

ルール
ルールは至って簡単で、テーマに沿った名前を考えていただくだけです。
例を挙げると、
【ハリウッドの二枚目俳優は?】というテーマに『グリスファー・ロビンス』と答えるような感じです。これが正解かどうかは人によってですか、自分にとっての正解を答えてください!!
あっあと、本当にいるやつはダメですよ~。

では、早速。
【ハリウッドの3枚目俳優の名前は?】
ということで、投票です!!
結果でましたーー!!

まず、それぞれの名前を誰が考えていたのかを発表します!

『コンクリ・カタマール』はなさん

『チャッキー・カルペン・Jr』空管弦楽

『マキシ・シングル』殴打さん

『オーシリー・ペンペン』ちゃんこフォンデュ

『ティム・モラニス』サンセット佐野さん

『パンクしてまっせ』殴打さん


また投票していただいたカシスさんからこのようなコメントをいただきました。

 ―――――――――――――以下引用――――――――――――――――

この企画投稿すれば良かったなあ。。

ということで勝手に投稿します。

「叶恭子」

 ―――――――――――――引用終了―――――――――――――――――

次回YOU投稿しちゃいなよ!!

それでは、みなさん待望の【ハリウッドの3枚目俳優の名前】の発表です!!


デデン!!


『マキシ・シングル』
殴打さん



です!!!!

おめでとーーございます。
いやー、めでたいですね。めでたいです。

次回も参加していただけるとこれ幸いです。
[PR]
by karakangengaku | 2011-03-04 21:05 | who is wikipedia