新しくこっちでブログやろうかな。http://ameblo.jp/karakangengaku/ 色々フンみたいに自分のものは残して消さないで生きていきたい


by karakangengaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時事大喜利④


どうもみなさんこんばんみー、ということで。
本来はすぐさま『Who is Wikipedia』の第2回でもやりたかったんですが、そうすると最新のコメント欄がずっと変化しないで「過疎ってんじゃね?」と思われてしまう可能性があるので、『時事大喜利』をやりたいと思います。

ということでお題を。

『こんな開幕戦なら開幕するな!』

毎度のことボケっ放しです。
[PR]
# by karakangengaku | 2011-03-25 17:14 | 時事大喜利

何も言わずに


まず、何も言わずにコレを見て欲しい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

相手キーマン 夜の深爪スナイパーさん
もし、夜の深爪スナイパーさん(シャー!!チームのどなたか)が見てたら
対戦前の一言とかコメしていただきたい


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上は、チームの次鋒であるはなさんのブログからの引用である。

私からも一言言わせていただこう。

コメントで繋ぐ大喜利の輪もあるのだ!!

と。
[PR]
# by karakangengaku | 2011-03-20 22:06
               『マキシ・シングル』


a0144011_1558782.jpg



――「私の考える最大の“笑い”とは、子供たちの笑顔だ。」


1937年12月11日生まれ。アメリカ合衆国ユタ州生まれコメディ俳優・脚本家。
銀行員の父と女性差別撲滅の運動家で知られるネイビー・シングルの間に生まれる。幼少のころは母親の激しい教育的指導によって内向的に育つ。

彼に転機が訪れたのは17歳の頃である。たまたま学校のクリスマス会で劇をやることになり、彼はそこで初めて芝居を作る喜びを知った。(後に彼はこのときの作品の脚本を加筆・修正し『小劇場の夜』という短編集の中に収めている。)

19歳のときに家を飛び出し、単身ブロードウェイへ行く。そして、当時トップスターとして名を馳せていたチャッキー・カルペン・Jrの主催した劇団に所属した。
彼は初めこそ芽が出なかったものの、徐々に主役級の役を任されるようになる。

1971年に彼は『ハンティング・ボーイ』という作品で数々の賞を受賞して、脚光を浴びた。そして、それがある映画プロデューサーの目に留まり、ハリウッド進出を遂げる。

彼はそこで初めて映画に出演するもの、その作品はヒットしなかった。そのことを彼は気にして、映画は自分には合わないのではないか、と悩むこととなる。(そのときのことを彼の最大の友人であるティム・モラニスは「マキシの一生において、最大の分岐点があそこだったのではなかろうか。彼は目に見えてストレスから痩せていった。」と語る。)
その時期、彼は舞台作品にも殆ど出演してはいない。

しかし、彼がコメディ俳優として全米から注目されるのはそう遠くは無かった。

1973年に主役を演じた『モーリス院長の救命病棟』は当時のアメリカの学生たちに爆発的に流行した。その後『帰ってきたモーリス院長』、『またまたモーリス院長~産婦人科偏~』というふうに続編が撮られるまでになった。

そこからの人生というものが彼にとって黄金時代、と呼べるものだろう。

ハリウッドとしては遅咲きながらも数々のコメディ作品に出演することとなる。特に有名なものは『ミスタースーパー☆スター』で演じたオーシリー・ペンペンだろう。この作品は日本でも大ヒットし、日本のCMにも度々出演することとなる。
当時小学生の間では彼がCMで口にした「コンクリ・カタマール」や「パンクしてまっせ」という言葉が大流行した。
また、1980年に日本へ来日した際に当時18歳の叶恭子とテレビ番組で共演している。

私生活でも彼はその時期に一般女性と結婚し、3人の子供をもうける。

近年では、その確かな演技力からシリアスな役も演じているが、舞台では定期的に作品を書き下ろしコメディ作品も演じている。

[PR]
# by karakangengaku | 2011-03-18 15:32 | who is wikipedia

第1回 Who is Wikipedia

ルール
ルールは至って簡単で、テーマに沿った名前を考えていただくだけです。
例を挙げると、
【ハリウッドの二枚目俳優は?】というテーマに『グリスファー・ロビンス』と答えるような感じです。これが正解かどうかは人によってですか、自分にとっての正解を答えてください!!
あっあと、本当にいるやつはダメですよ~。

では、早速。
【ハリウッドの3枚目俳優の名前は?】
ということで、投票です!!
結果でましたーー!!

まず、それぞれの名前を誰が考えていたのかを発表します!

『コンクリ・カタマール』はなさん

『チャッキー・カルペン・Jr』空管弦楽

『マキシ・シングル』殴打さん

『オーシリー・ペンペン』ちゃんこフォンデュ

『ティム・モラニス』サンセット佐野さん

『パンクしてまっせ』殴打さん


また投票していただいたカシスさんからこのようなコメントをいただきました。

 ―――――――――――――以下引用――――――――――――――――

この企画投稿すれば良かったなあ。。

ということで勝手に投稿します。

「叶恭子」

 ―――――――――――――引用終了―――――――――――――――――

次回YOU投稿しちゃいなよ!!

それでは、みなさん待望の【ハリウッドの3枚目俳優の名前】の発表です!!


デデン!!


『マキシ・シングル』
殴打さん



です!!!!

おめでとーーございます。
いやー、めでたいですね。めでたいです。

次回も参加していただけるとこれ幸いです。
[PR]
# by karakangengaku | 2011-03-04 21:05 | who is wikipedia

時事大喜利③

誰しもスランプというものはあると思う。
何を隠そうこの私もこの前まではスランプでした。

まぁ完全に復帰したのか、と聞かれたら「ん?」と聞き返すくらいしか出来ませんが、ある程度は直ったと思います。
スランプというのは本当に苦しくて、画が全く浮かばず、また「こうしたら笑いがとれる」みたいな打算的なことでもウマくいかず、スベると分かっていてズベるんです。
そうすると徐々に大喜利熱が下がっていってしまいます。悪循環。

でも、僕はそのスランプから脱出したのです!
その方法を今から伝授したいと思います。

実はいたって簡単。
ボケやすい環境でボケるのです。
僕の場合はスピよこの600秒大喜利でした。今回はせっかくです。その、僕がスランプから脱出した瞬間をみなさんにご覧いただこう。
2月12日 第一問

この瞬間に僕は「よーやく脱出できた・・・」と安堵したものです。

そして、このブログに是非誰かの、スランプ脱出のためになんかそういうヤツになってほしいんです。だって誰もこのブログでスベろうが構わないだろうし。

ということで、お題です。
『東京の地下で行われているという裏・東京マラソンの実体を教えて下さい』

毎度変わらずボケっぱなしです。
まぁでも面白かったら「>〇さん 面白かったですw」的なのかいてくれると活性化するかもしれません。みんなで作るブログだよ♪
[PR]
# by karakangengaku | 2011-02-27 19:27 | 時事大喜利